プロミスで働きたい

プロミスの社員として働くならどのような業務があるのか取り上げてみます。
最近までサービスの充実を図りコールセンターの増員募集がございました。
それまでもご活躍のオペレーターがいたわけですが利用者が増えると共に、問い合わせなど業務が増えてきたということなのでしょうね。

 

「基本研修」「オペレーショントレーニング」「テレコミュニケーショントレーニング」と、しっかりとした研修制度を経てオペレーターとしてデビューすることになっています。
商品知識から始まり専用ソフトのオペレーション研修、マナー研修を中心とし、機械の操作方法、契約書類の作成の仕方を学びます。
そして自分の声を録音し電話対応について学ぶという内容です。

 

実際にかけられた方はお気づきかもしれませんが丁寧で親切な応対をするために訓練されているのですね。
その上福利厚生も充実しているようです。
お給料に加え年2回の賞与、完全週休二日制で夏季・冬季休暇についても充実しておりそのため長く勤務することが可能になっているようです。

 

その他の業種

 

コールセンターを代表的な職種として最初に取り上げましたが、プロミスの本部でOA事務の募集がございます。
部内アシスタントとしてエクセルを使用した資料作成、ファイリング、電話応対など事務職として内容は多岐に渡ります。(こちらはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社からの募集です)

 

プロミスの中途採用は?

 

プロミスの中途採用は現在募集はないようです。
新卒採用や留学生採用については三井住友銀行グループ「SMBCコンシューマファイナンス」にて案内があります。
では、こちらの仕事の口コミはどのようなものでしょうか。

 

年収高め、有給が取りやすい、残業代も分単位で付くなど良い口コミが見られます。
マイナスの口コミとしてはやりがいが感じられないといったことが見られます。
福利厚生や給与に関しては高評価が多いです。

 

プロミスってどんな会社?

 

では、そんなプロミスですが一体どんな会社なのでしょうか。

 

カードローンなどの金融事業に加えて、保証事業、海外事業、債務管理事業などを手掛けています。
三井住友フィナンシャル・グループが100%の株主となっています。
2016年3月末の時点での従業員は2,240名中、男性1,250名。女性990名となっています。平均年齢は38.9歳と若めと言えるでしょう。

 

企業の目指すところはお客様から信頼を得られるグローバルなコンシューマーファイナンスカンパニーとすることです。安心してお金を借りられるサービスを提供し、結果として安心と信頼を抱いてもらえる企業になっていきたいと考えているようです。

 

またCMでも強調されてきた点ですがスローガンは「あなたのいまへ、まっすぐ」というものです。お客様ひとりひとりに向き合い、それぞれの必要に合わせた温かいサービスをしていきたいと考えています。
三井住友銀行と提携しているため、多くの三井住友銀行の店舗内にプロミスのローン契約機が設置されています。

 

プロミスの業種は?

 

プロミスとはどんな会社なのでしょうか?業種は何ですか?
テレビCMでもよく見るので知っている方が多いと思いますが、プロミスは消費者金融業者です。
三井住友フィナンシャルグループの子会社です。

 

業種としては金融業。事業内容は消費者金融業となります。
2012年には「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」と社名が変更しています。
しかしプロミスのブランド名は現在も継続して使われています。

 

キャッシングのことならプロミスへ

 

プロミスは担保や保証人も不要でキャッシングができます。
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類があれば審査をしてキャッシングが可能です。

 

融資限度額は500万円までですが、契約時に審査を行い、各自の契約希望額と当社の決定した金額内で契約金が決まります。
実質年率は4.5〜17.8%です。返済期間は最長6年9カ月、返済回数は1〜80回です。
利息は日数計算なので早く返済すればするほど利息はかからないのでお得です。
給料日前にどうしてもお金が必要になった、すぐに返すといったときにはお得に借りることができますね。

 

申し込みも簡単です。パソコンやスマートフォン、ケータイを使ってインターネットの会員サービスのページからキャッシングを申し込むなら24時間いつでも申し込みができます。
最短10秒で指定口座に振り込んでくれるので、大変便利ですね。
他にも電話での申し込みや提携ATMからもキャッシングができます。